そろそろ一般の人たちにも薄々、分かって来ちゃうんじゃないかな?

2010年1月

「秘密のたからばこ」
は刊行されて以来、アンチからの激しいバッシングを受け続けてきました。

それは、バッシングというより嫌がらせでありストーカー行為です。




秘密のたからばこは洗脳本だ!
佐藤和也はオウムのアサハラだ!
読者たちはアホだ!
秘密のたからばこはカルト教団だ!


しまいには、


佐藤和也はロリコンだ!
と、言ったかと思うと

佐藤和也はホモだ!
佐藤和也はレイプ魔!
セックス教団!
詐欺師!


まぁ、数名のアンチは思いつく限りの罵詈雑言を浴びせて来ました。
それはまさに、犯罪と呼ぶにふさわしい根も葉もない誹謗中傷でした。



一般の人々のなかにも…


「ほら、あの本は宗教なんだよ!
それに気づいた人たちにあんな風に言われてるんだよ!
佐藤和也の本なんか捨てちゃえ!」


みたいに本を読んでもいないくせに、否定する人たちが現れてきたそうです。


やはりね、
過去のオウム事件とか…
そういうのあったから
応援をするよりも否定している方がなんとなく、無条件に

<正しい、カッコいい>

くらいに思ってる人が多いんでしょうね?


とても残念です…



ですが、


当たり前ですが…
僕はレイプ魔では無かったし

僕の本の読者はカルト信者では無く


あれから何年も経つというのに
ただの一件もレイプ被害者も
カルト教団に誘拐された被害者も
大金を騙し取られた被害届けも出なかったのです。


ただの一件も…です。




こうなると…アンチは困りますね。



少しは佐藤和也がボロを出してくれると助かるんだけどボロが出ないもんだから…
ウソをつくしか無かった


その嘘も尽きてくると…




2013年12月8日

アメブロにて僕のブログに
ついに「殺害予告」が送られて来ました。



犯人は…


こっちから殺しにいくから自作自演がんばれやwwwwwwwwwwwwww


と、した上で


2014年6月14日。
深夜ハイエース5台からなる一味で僕の事を拉致し


2014年6月15日。
激昂した犯人グループに腹いせに凄惨な輪姦、集団暴行を加え時間をかけて惨殺し遺体の手足を角材に縛りつけた上、重しをつけてドブ川に遺棄する


2014年7月19日。
無残な全裸の僕の遺体が発見される…とそう予告して来ています。


暴行による打撲で肝臓が破裂、その内出血で腹腔は大きく膨張し、肋骨もほとんど折れており、両手両足の爪も全て剥がされて…

顔も髪の毛はまばらにされ、両目はえぐり取られ、首を絞められたために舌は伸びきり、両耳の鼓膜は爆竹で破られ、前歯は上下3本しか残らず

「肛門膜断裂」とあり激しい同性愛者から強姦の痕跡、ペニスは切り取られタマは潰され肛門に鉄パイプが2本突き刺さり大腸には釘が48本も突き刺さっていた。



こういう事になると犯行を予告。
怖いし…痛そうですね



ここまで来ると…



一般の人々にも薄々分かって来るんじゃないんですかね?



この脅迫文を送りつける人たちがマトモに思えますか?
悪の教団を糾弾する正義の味方に見えますか?


これでもまだ、
秘密のたからばこがカルトで佐藤和也がオウムなのだ!
と…そう思うわけですか?


本当なら佐藤和也を一緒に悪く言ってストレス解消でもしたい所だろうけど…


ここまでの殺害予告を送ってくるアンチの言動が異常過ぎて
本当に魔物に憑依されてる様にしか見えないでしょう?


アマゾンやら楽天やらでも
つまらなかった、読まない方がいい、買わない方がいい…
と辛辣なレビューを書き続けて来たのは、実はこういう人間たちだったのです。


では、なぜ魔物や悪霊たちはここまでたった一冊の本を書いただけの著者を敵視、憎悪するのか?
「秘密のたからばこ」という本をこれほどまでに広めたく無いのでしょうか?


その理由は…謎ですね?
普通の人々には謎でしょう?


そこはやはり、本を読んで見なければ分からないでしょう

応援する方々の気持ちも

殺すぞ…と醜悪さを剥き出しにするケダモノの様なアンチたちの気持ちも…



それほど魔物や悪霊にとって
「秘密のたからばこが脅威であり本物」
だからなのかも知れませんし


本当に後の世に「○○」と呼ばれる本だと知っているから…なのかも知れません。



そこに…正に、そこのところに


その本当の所に気づく一般の人もそろそろ出てくるんじゃないでしょうか?



だって、支持する人たちも凄いけど
これをバッシングする人たちも異常なんですものね?

今、この一冊の本を中心にして
普通の常識ではあり得ない事が起こっていると…そうは感じませんか?


それほどに秘密のたからばこを憎むアンチたちの異常行動ぶりがすごいということです



魔物や悪霊、変質者や精神病質者たち…

彼らが異常な執念と憎悪を燃やして誹謗中傷や攻撃をすればするほど、
一般の人間たちにもそろそろ薄々分かって来ちゃうんじゃないかな

と、そう思います…



今回はあろうことか


「日にちを特定して集団で拉致し
リンチを加えた上で殺害し
その遺体を遺棄する…」と、
そこまでの犯行を予告するに至りました。


これがアンチの正体です。



たった一冊、気に入らない本を書いたからといってここまでの犯行を予告する集団。

それが、アンチなのです。



ここまで来て一般の人々はビックリです…


佐藤和也がカルトかと思ったら
実は、その反対で…


佐藤和也をカルトと言ってた様なアンチ派こそが
「まるで暴力団かテロ集団」
だったのですからね。


逆転現象かもしれませんね…?




今後の事ですが…



犯人が単独犯か
犯行予告通りの複数(それも30人以上?)なのかは分かりませんが…



僕としては、今年いっぱい待って犯人たちにバチが当たらなかった場合には、お望み通り警察沙汰にして差しあげようと思っています。



また、



ブログ読者や日本中に散らばる
「秘密のたからばこ」の読者やファンの方などが僕の身を案じて

警察に善意の通報をしてくれた場合などもおそらく犯人には捜査の手が及ぶだろうと思います。

その場合には、
僕は手を煩わせる事もなく非常に助かります。

(殺害予告は親告罪では無いので、
第三者の通報は有効です)




約三年以上に及ぶ名誉毀損や嫌がらせ
今回の殺害予告


警察がちゃんと犯人を特定して逮捕、起訴してくれる事を信じます



ここまで長期間におよぶ悪質かつ執拗なストーカー行為および殺害予告

威力業務妨害及び脅迫罪で少なくても懲役○.○年の実刑判決はかたいんじゃないかな?と思いますね…




ただし、僕としては…



おそらく近い将来に
超自然的で神秘的な何かによる不可思議な制裁が下されて…



「悪い事をすればバチがあたる」



あたりまえの結果が訪れるだろうと思っています。


・異常なストーカーからの脅迫


・都合が悪かったのは、誰?
・ある不審人物が尻尾を出してきた?
・殺害予告犯についての考察
・アンチの親分、なぜにそれほど都合が悪い?
・理由なき殺意
・タンタンたぬきの…♪




アンチ達のこれまでの悪行の数々です。

・全人類の敵
・アンチの黒幕
・魔物の悪宣伝
・たぬき芝居
・アンチの手口
・アンチの黒幕、ふたたび…
・秘密のたからばこアンチの異常性の証明
・アンチ(魔物)たちの系譜
・犯罪の予兆
・レビューというより自己紹介、笑
・吉報ゆえに、速報‼︎‼︎‼︎
・たぬきときつねの魔物芝居
・たぬきときつね、潜伏中…




対アンチ記事を振り返って・・・。

・選択肢 (対アンチ記事を振り返って)








こちらから
アメブロの佐藤和也
KAZUYA 【秘密のたからばこ】の読者に語る
に戻れます




【秘密のたからばこ】
スポンサーサイト

都合が悪かったのは、誰?

みなさん、
僕の書いた「殺害予告」関連の記事がアメーバさんによって見れなくされました。


異常なストーカーからの脅迫

そろそろ一般の人たちにも薄々、分かって来ちゃうんじゃないかな?


のふたつです。



おそらく、
自分のした事を明るみに出され
都合の悪くなった犯人によって通報されたのでしょう


猟奇的な文章が書いてあるので
削除願います


などと言って通報したのでしょうか?





これでは犯人は
猟奇的な殺害予告のし放題ですね、怒










犯行予告の詳細はこちらです。

・異常なストーカーからの脅迫

・そろそろ一般の人たちにも薄々、分かって来ちゃうんじゃないかな?


・ある不審人物が尻尾を出してきた?
・殺害予告犯についての考察
・アンチの親分、なぜにそれほど都合が悪い?
・理由なき殺意
・タンタンたぬきの…♪




アンチ達のこれまでの悪行の数々です。

・全人類の敵
・アンチの黒幕
・魔物の悪宣伝
・たぬき芝居
・アンチの手口
・アンチの黒幕、ふたたび…
・秘密のたからばこアンチの異常性の証明
・アンチ(魔物)たちの系譜
・犯罪の予兆
・レビューというより自己紹介、笑
・吉報ゆえに、速報‼︎‼︎‼︎
・たぬきときつねの魔物芝居
・たぬきときつね、潜伏中…




対アンチ記事を振り返って・・・。

・選択肢 (対アンチ記事を振り返って)






こちらから
アメブロの佐藤和也
KAZUYA 【秘密のたからばこ】の読者に語る
に戻れます





【秘密のたからばこ】
プロフィール

佐藤和也

Author:佐藤和也
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR