魔物の悪宣伝

あらゆる所に誹謗中傷を書き込むたぬきときつねのネットストーカーコンビだが
その中でも中々良くできた最高傑作の誹謗中傷コメントがある。


これから紹介するのは
わざわざ、ある事件で有名になった弁護士さんのホームページに書き込まれたものです。

彼らは誹謗中傷グルで、ただ悪口を書き並べるだけでなく
弁護士のホームページにまでこのような悪宣伝をする人間なんです。


今日は、それを紹介するが
ただ言われっ放しはつまらない
こちらも少しは言い分を書かせてもらう事に致します。






先生は弁護士でいらっしゃるので、事件が起こった後がお仕事であることは重々承知の上でお知らせしたいことがあります。
カルト団体にお詳しい先生とのことで、お伝えいたします。



国内最大のブログ・アメブロの中で、このところ問題になっているものがあります。


明窓出版という出版社から『秘密のたからばこ』という本を出している著者・佐藤和也氏によるブログです。


この『秘密のたからばこ』という本は、始めは著者自身の若き日の恋愛小説となっているのですが、だんだんと終末思想へと向かいます。

ブログでは、この本を読んで救われたいと思う人は、自分に連絡してくるようにとなっています。



(それは、違う。何度言っても分からないんだな?
救われたい人では無く

他人を救いたいという人間を求めてる。また役に立つ人間を求めてる。

役にも立たず、何とかして自分の命だけは助けて貰おうというたぬきたちの様な人間は求めていない。

これから非常事態なんだ、…当たり前だろ?)




彼のブログ内容ですが、毎日毎日まったく同じ内容の終末思想の記事が、数時間置きにローテーションで更新され、どれも自分を信じない者は滅びる、という内容です。




(それは違う。

僕を信じる信じないに関わらず、地球規模の大きな危機が来ると警告してるんだ。
信じる者にも信じない者にも
大変な危機が来ると警告してる。

また、その後には
人々がそんな事、出来るわけない!
と思い込んでいた様な
素晴らしい世界が実現する可能性があるとも伝えている)





宗教ではない、と言っているようですが、




(もう宗教なんてやってる時間は無いんだ…

それが分からない者たちだけが
飽く事も無く金儲けやニセ宗教や
赤の他人を貶めて喜んでる。
お前たちの様に、な。

だけど、もうそんな事をやっている時間は無いんだよ)





佐藤和也氏に師事するブロガー(主に女性)は増え続け、



(勿論、男性もいるよ)



認証されたブロガーだけが入れるファンクラブでは、佐藤和也氏の指事によって、紀伊国屋書店、または八重洲ブックセンターへ著書の注文をするというノルマを課されているとのことです。



(ノルマ?全くの事実無根。)



あと、アメブロには『ペタ』という機能があり、他のブログを見た際に、足跡を残すという意味で『ペタ』を残すことができるのですが、

佐藤和也氏は自身のファンクラブ会員に『1日500のペタを、他の人ブログに残して本の素晴らしさを広めろ』、とのノルマも課しています。



(完全なる悪意の妄想。言いがかり。
事実無根。)





KAZUYA 【秘密のたからばこ】

http://ameblo.jp/0463954128/




(勝手にURLを貼ってくれてありがとう!良い宣伝になる。)




また、著書に都合の悪いことを言うと、即刻ファンクラブから除籍され、呪われるなどの嫌がらせをされます。




(呪われるが嫌がらせ…?

本当に呪われたら嫌がらせじゃ済まないだろ?
でも、僕には他人を呪うなんて魔物みたいな発想は無い!

もしも、神によるバチの事を言ってるなら
神様があてるバチを呪いと一緒にするとは…さすが、魔物。)




同上の文章を「やや日刊カルト新聞」の記者の方のブログにも載せました。
私といたしましては、たいへんに危険な団体だと予想しております。





(たった一冊の本を書いただけの著者と日本中に散らばるその本の愛読者たち。
これを、大変に危険な団体?

普通の主婦や女子大生。
アルバイト店員や自営業者…

この読者たちの何が危険なのか?
これこそ、誹謗中傷の極みだな)





もしも彼らが何事も起こさなければ良いのですが、気になったので貴重なHP上に書かせていただきました。




(何も起こさなければ良いのですが?

なんとしても
「秘密のたからばこ」に関わるものすべて、
出版社も著者も多くの読者も
感動したと言う主婦も
ステキな本でしたという女子高校生さえ、カルト集団の様に宣伝する

お前たち、たぬきときつねのアンチ集団の方が
よっぽど、常軌を逸した
うす気味の悪いカルト集団だと思う…)







たぬき(鎌○将之)と違って、やはり元Webデザイナーのきつね(須○姿穂奈)の方は文章も上手い。
だが、嘘つきなのはどちらも変わらない。
何を書いてもいつだって簡単に論破される。
もう少し頑張りましょうと言いたいところですが真実にはそれなりの重みがある。
上手い下手ではなくて真実なりの説得力というものがある。
彼らの誹謗中傷書き込みにはそれが無い。







2014.4.16 追記



・信者
・事実歪曲
・陰口集団
・ノルマ
・単純な信者
・低次元の特徴


現在、Yahooにて
秘密のたからばこで検索するとこの様なネガティブなワードが出て来ます

なんでもポジティブワードよりもネガティブなワードの方が上がりやすいんだそうです

が…

ご存知のアメブロで有名なアンチストーカーの男女は2人ともIT関連の仕事をしているようですし
女性のアンチ女王様の在日韓国人のご主人さんなどもIT関連のお仕事だということで
夫婦揃ってIT関連のお仕事をされているようです。

なので、

我々の様な一般人とは違い、何らかの方法で
わざと悪印象を植え付ける様なワードを上げる術を駆使しているのかも知れませんね?

しかし、ワードによっては上がっているのは検索ワードの方だけで肝心の記事はひとつも上がってないものもあります。

そもそも、該当する記事が無いのに検索ワードだけが上がるのも不思議と言えば不思議ですね?













こちらもあわせてご覧ください。
「佐藤和也を拉致監禁しリンチを加えた上で惨殺する」
という殺害予告が書き込まれました。
殺害予告の詳細はこちらです。

・異常なストーカーからの脅迫

・そろそろ一般の人たちにも薄々、分かって来ちゃうんじゃないかな?


・都合が悪かったのは、誰?
・ある不審人物が尻尾を出してきた?
・殺害予告犯についての考察
・アンチの親分、なぜにそれほど都合が悪い?
・理由なき殺意
・タンタンたぬきの…♪




アンチ達のこれまでの悪行の数々です。

・全人類の敵
・アンチの黒幕
・たぬき芝居
・アンチの手口
・アンチの黒幕、ふたたび…
・秘密のたからばこアンチの異常性の証明
・アンチ(魔物)たちの系譜
・犯罪の予兆
・レビューというより自己紹介、笑
・吉報ゆえに、速報‼︎‼︎‼︎
・たぬきときつねの魔物芝居
・たぬきときつね、潜伏中…




対アンチ記事を振り返って・・・。

・選択肢 (対アンチ記事を振り返って)






こちらから
アメブロの佐藤和也
KAZUYA 【秘密のたからばこ】の読者に語る
に戻れます




秘密のたからばこ 公式HPはこちら
画像をクリックするとHPへ飛べます。

公式HP




【秘密のたからばこ】
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤和也

Author:佐藤和也
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR