たぬき芝居

「秘密のたからばこ」は宗教じゃない!


あえて、本名は伏せておいてあげるが
僕の悪口を言わなければ
気が済まないといった中年男がひとり…いる。


彼は、一年前に2週間ほどグルっぽにいた人物で
あまりに不誠実な言動・人格から
その後、我々のあいだで「たぬき虫」とあだ名をつけられたオトコである。


最初から最後まで真実をくちにすることなく、ウソでかためて人を化かすので
「たぬき」
彼のブログから垣間見えるその卑小で下劣な人間性から、人間では無く虫であるという
思いから「昆虫」


このふたつを足して2で割ったのが「たぬき虫」である。苦笑



(彼は複数のIDでなりすましキャラを操っているようで、

「鉾」「昨夜」「LOUIS」
「 666 」「ちとせ」「や」「な」
「なおみ」「将之」「犯」「vnao」
「鎌田」「a」「あ」「あい」


それに最近は・・・


「赤ワイン」に「白ワイン」
「古参さん」に「ずる古参」
「脱信者」に「匿名」さん

「Goodワイン」に「ロゼワイン」
「緑ワイン」に「かぼちゃワイン」
「連盟@不知火」「匿名戦士2010」
「元信者」に「moto読者」
「天空太郎」に「与太郎」

驚くべきことに、これらのハンネは同一人物のものであり


「自分の書いたブログ」に自作自演でコメントを残し、
自分で自分を応援し、いかにも複数で悪口を言ってます。という演出手法で
誹謗中傷をしています。


(自作自演バレバレな内容にも関わらず、本人は至って真剣に、あること無いこと書いています。
せめて、名前くらいもう少し工夫したらどうか??

「赤ワイン」さんに「白ワイン」さん、コントかと思いました!笑。



これを見た人がこういってました。
「劇団ひとりたぬき芝居・・・佐藤和也のグルっぽを内部から壊せ!の巻」笑


が・・・・、

これらのIDは、おそらくまったくの同一人物であり一年間にも及ぶこのような悪質極まりない誹謗中傷の数々は決して容認出来るものでは無い。)






本日(3・19)も、執拗な嫌がらせを受け続け、ノイローゼにされた挙句に
アメブロ脱退にまで追い込まれた僕の本の心優しい若い女性読者がいた……


ハッキリとした理論的で合理的な理由などは無い。



ただ、彼ら(複数ID)には
共通項とでも言うべき点がいくつか見受けられる。



それは…どうも、あまり幸せな人生を送ってはいないらしいという所である。



一見して、何の問題も無さそうでも
必ず何らかの人生上の問題や障害を抱えている様でもある。

他人がラッキーで幸運な人生を送るのは、ガマンならないとでも言うのだろうか?



彼ら(複数のID)は、口々に
こう言う…



あんな本、絶対に読んじゃあダメ?

人を洗脳する悪魔の本!

佐藤和也は、オウムだ!

佐藤和也は、宗教だ!

佐藤和也は…アサハラショーコーだ!



オウム事件、麻原といえば
有罪が確定した犯罪者・それも死刑囚である。



これは…名誉毀損には
当たらないのだろうか?



こんな本、絶対に読んじゃあダメ?

この本を読むと不幸になる!



こういった文面をブログに書き、
不特定多数の個人にコメントや
メッセージで送りつけるなどの行為は

これは、威力業務妨害・信用毀損罪には当たらないのだろうか?



そして…



一番面白いと思うのは
僕の悪口を言う者たちの大半は
問題の本を読んではいないという所だ!



どうして、一度も読んでもいない本を
ここまで攻撃するのか?



それは…まともな人間には
わからない!


まったく、理解不能である。




ここで、ひとつ…
ハッキリとさせておかなければならない事がある。



オウムのアサハラという人物と
僕との間に
決定的に違う点が、いくつかある。



彼ら(複数のID)は、とても重要なこの点に気づいていないようだが…



僕は、人殺しもしていないしサリンも撒いてはいない。


今までもそうだが今後も作る予定すら無い。



そして…



オウムと違って
誘拐被害者もいなければ、
何らかの金銭トラブルを起こしたことさえ、一度も無い



ワケのわからないモノを高額で売りつけるような真似は、一切していないし
なによりも何処を探しても
たった一件の被害届けも捜索願いも出されてはいないのである。



それでも

彼ら(複数のID)は

僕の悪口をやめないだろう



それは、読んではいないけれど
やっぱり僕の本の内容というよりも、その影響力の大きさの方を怖がっているからのようにも見える。



そこで、ひとつだけ
言っておこう……!



我が国には、基本的人権のひとつに
思想の自由、表現の自由、集会の自由というものがあり

なんびとたりとも侵すことの出来ない
権利として保障されている。



いくら、自分の気にいらない本を書いたからといって、

ただ一冊、本を書いただけの一般人に対して、正当な理由なく

その信用と人権を毀損し貶める行為、
攻撃する行為そのものが…



民主主義国家・法治国家の下、
許されざる犯罪行為なのであるー。







たぬき芝居①



(「秘密のたからばこ」著者:佐藤和也
二十歳の肖像です。
無断転載を禁じます。)






【秘密のたからばこ】の著者・佐藤和也でございます。

僕は元・芸能界の裏方でございます。笑


宗教って、ガラに見えますか?
アサハラさんに、似てますか?



先日、不特定の人にメッセージを送りつけるオトコが

僕の事を、なんとか失調症…だとか、
いう精神病だともっともらしく書いていたらしいが…

よくそんな難しい病気の名前を知っていたもんだと感心していたら、

どうやら彼自身が、精神病で病院に通院していたらしい。


どういうわけか…彼は自身のブログでカミングアウトしている…笑


それで、病気の名前を知っていたわけか…なんだ…。

医者でもないくせに…
一度も会った事も無いアカの他人に
難しい病気の名前をつけるなんて…

どうかしてるぜ……にひひ







(たぬき、俺の写真を無断でプロフィール画像にするなんて趣味が悪いな…
それに、ちょっとマズイかもよ?
またひとつ、罪が増えたな…
肖像権の侵害って言葉、
調べてみ…笑)






(イメージを傷つけ信用を失墜させて、本が売れなくする事を目的に悪意をもって中傷する愉快犯がいます。が、この本を読んだ者だけ、自分のもとに集まって来た者だけを救うなどとは一言も言っていません。
非常に悪質な者の発した中傷であり流言です。



このように、著者や出版社に対する不当な誹謗中傷記事やコメントを公然と書き込む行為は、
名誉毀損罪及び業務妨害罪に抵触します。



また、著作物や著作者のブログ等の内容を転載した上でバッシング記事を上げ
誹謗中傷を書き込むなどの行為は、著作権侵害となり
さらにそのような行為は名誉毀損罪に抵触し訴えられる怖れがあります。)







こちらもあわせてご覧ください。
「佐藤和也を拉致監禁しリンチを加えた上で惨殺する」
という殺害予告が書き込まれました。
殺害予告の詳細はこちらです。

・異常なストーカーからの脅迫

・そろそろ一般の人たちにも薄々、分かって来ちゃうんじゃないかな?


・都合が悪かったのは、誰?
・ある不審人物が尻尾を出してきた?
・殺害予告犯についての考察
・アンチの親分、なぜにそれほど都合が悪い?
・理由なき殺意
・タンタンたぬきの…♪




アンチ達のこれまでの悪行の数々です。

・全人類の敵
・アンチの黒幕
・魔物の悪宣伝
・アンチの手口
・アンチの黒幕、ふたたび…
・秘密のたからばこアンチの異常性の証明
・アンチ(魔物)たちの系譜
・犯罪の予兆
・レビューというより自己紹介、笑
・吉報ゆえに、速報‼︎‼︎‼︎
・たぬきときつねの魔物芝居
・たぬきときつね、潜伏中…




対アンチ記事を振り返って・・・。

・選択肢 (対アンチ記事を振り返って)






不当な誹謗中傷に対して

秘密のたからばこ 宗教じゃない!

未来は僕らの手の中~起こさないバッシング

★それってつまりは…★秘密のたからばこ

ヒーローへの無意味なバッシング

ラブレターだよ

秘密のたからばこ





こちらから
アメブロの佐藤和也
KAZUYA 【秘密のたからばこ】の読者に語る
に戻れます



秘密のたからばこ 公式HPはこちら
画像をクリックするとHPへ飛べます。

公式HP



【秘密のたからばこ】
スポンサーサイト
プロフィール

佐藤和也

Author:佐藤和也
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR